語学留学のホンネ

語学留学の準備から、留学中の体験などをせきららに綴ります

【セブ島語学留学】day6

5:00

get up

5:30 study at study room

勉強しようと思ってロビーにおりたら、その辺をフラフラしていた男の子に「why do you get up so early ?」と聞かれた。
早く寝たから早く目が覚めるんだと答えると、「てか何人?」と聞かれ、日本人と答えたらとても嬉しそうな顔をした。

「何才?18歳?20歳?」と彼
「いやいやいや、もっと上だよ!」と私
「じゃぁ22?」と彼
「30だよ」
「えええええー!!!見えない!!!その顔若く見える」といきなり気持ちよくヨイショしてきた。

ベトナムから来た18歳の彼はとても日本を愛している様だ。
日本には10回以上来ているみたい。趣味はコスプレで、ゲームのキャラクターデザインやグラフィックアートを仕事にしているとの事。彼の作品をいくつか見せてもらったんだけど、これまた冗談抜きでハイレベルなものばかり。独学で4年間勉強して習得したそうだ。自分のデザインしたキャラクターを「息子」「娘」と呼んで、とても可愛がっていた。自慢の子供達のようだ。日本のアニメとか漫画に興味があるわけではなくて、妖怪とかおとぎ話、神社仏閣の様なちょっとミステリアスな雰囲気やモチーフが好きなんだって。自身のキャラクターもそういうところからアイデアもらってるらしい。

凄い!綺麗!などと私が言うと、

「いやいやいや、、、、そんな事ないよ、、、」と謙遜。

「あ、これも僕が作った作品なんだけどね、綺麗じゃないけど、見る?いや、期待しないでください!本当に綺麗じゃないから、、、!見る、、、?本当に?がっかりしない??」

と自分でハードルを下げる彼。

「いいから見せてよ。、、、えー、凄い!それも綺麗な作品だね!!」と私。

「もう、そんな事ないですよ、、、、。あ、これもね、僕がね、、(続く)」と言うやりとりが本当に可愛くて、自分の好きな事に携わっている人っていいなぁと改めて思った。

家庭環境があまり良くないみたいで(親には7年位会ってないらしい)、僕の家族は10匹の猫と1匹の蛇だよと教えてくれた。
猫の写真がとても可愛くて、名前を聞いたら「コイツはバカなんだよー。」って言うから、「え、だから名前はなんて言うの?」って聞いたら「だから、バカ」

凄い名前つけるな。

「じゃぁこの子の名前は?」と聞いたら

「バカバカ」

「、、、、」
もう他の子の名前を聞くのはやめた

ちなみにネコ耳とかウサ耳とかふわふわの尻尾が好きらしい。

7:00 Have a break fast

さっきの男の子と一緒に食べる。彼には寮のご飯は辛すぎるようだ。
彼がボカロで作った音楽を聴かせてくれた。本当多才。
今週でここのスクールは終わりで、来年から大阪でグラフィックデザインを勉強するみたい。秋葉原のお気に入りのメイドカフェが遠いのが残念って言ってたけど、東京は人が多くて嫌いらしい。またどこかで会えるといいな。

12:00

寮のランチを食べてアヤラモールへ。
出かけようとしたら、部屋に3人目のルームメイトが。上海から来たzoiちゃんという子。大学を卒業してデザインの勉強をしているそうです。

韓国の子もそうだし、上海の子もそうなんだけど、オシャレやメイクがとても好き。毎日メイクをバッチリして、お洋服も毎日変えていて、すごいなぁと思う。お風呂上がりも化粧水にパックに美容液に乳液に、、、。忙しそう。私はジーパンにTシャツ。メイクは顔色が悪く見えない程度に最低限。

セブにはSM mall city とAyala mallというそこそこ大きなショッピングモールがあって、今回はアヤラモールに行ってきました。
休日とあってそこそこ混んでた。とりあえずスーパーでお菓子と、オレオとチョコレートとチョコレートシリアル、あと、トイレットペーパー、お水を買って、上の階に移動して軽く羽織れるシャツを買った。

何か甘いものを食べようという話になり、ハロハロというかき氷みたいなものがフィリピン名物らしくてそれを食べた。
ミルクカキ氷の上に、甘く炊いた小豆の様な豆をのせて、その上に(たぶん)チーズを散らしたもの。
あと、甘く炊いたバナナとマンゴーをのせたもの。
どちらも美味しかった。

一通りぐるぐるした後、ジョリビーというフィリピンで人気のフライドチキン屋さんに行きました。まぁケンタッキーみたいなもんです。
でも、味はジョリビーの方が断然美味しい!
とてもクリスピーで、チキンも柔らかい!味は少しスパイシーで私好み。ケンタッキーはちょっとしょっぱいからなぁ、、、。

そして夕飯はモール内にある中華料理のお店へ。
私はこれまで結構食べて来たので、ワンタンヌードルにしました。

18:00

早めに寮に到着。シャワーも早めに済ませて、明日の授業の準備をしようと思います。
休んだ分を取り返さないと。

A new roommate has come. She is from Shanghai in China.
She gave me a beauty face mask to me.?
I should have brought her something good for beauty from Japan!

By the way, a new week will start.
I will do my best everyday!